blog

筋トレとアルコールについて

こんにちは、スタッフの近田です。

みなさん、お酒は好きでしょうか?

私はお酒が大好きです。

そんなお酒(アルコール)ですが、筋トレに及ぼす影響についてご紹介したいと思います。

・筋肉の成長を阻害

人間のホルモンに筋肉を大きくするテストステロンというものあります。

このホルモンは男性ホルモンで、

アルコールを飲むことで、このテストステロンの分泌量が下がってしまうのです。

その結果、筋トレ後に出るテストステロンの分泌量が減るため、筋肉の成長を阻害してしまいます。

またアルコールを飲むことで、コルチゾンという物質の分泌量が増えます。

このコルチゾルには筋肉を分解する働きがあるため、

先ほどのテストステロンと合わせて、より阻害されてしまいます。

 

・内臓のオーバーワークによる吸収障害

筋トレで筋肉を疲労させれば、それを回復させるために内臓にも負担がかかります。

アルコールを分解させる際にも内臓に負担がかかります。

内臓に負担がかかりすぎると分解が弱まり、吸収もしにくくなります。

吸収がしにくくなるということは、プロテインなどの栄養素の吸収も遅くなってしまい、超回復が遅なり、筋肉の成長を間接的に阻害します。

 

アルコールは筋トレにおいてはマイナスに働くので、

トレーニング後のアルコールは、その日のトレーニングを薄めることにつながるので、

気をつけましょう!