blog

水分摂取の仕方について

いつもお世話になっております。
スタッフの近田です。

梅雨もそろそろ明けて、本格的に夏に突入していきます。
夏で一番怖い症状といえば熱中症だと思います。

熱中症の対策としてよく「水分補給をしっかりして」と言われることが多いと思いますが、
ただやみくもに飲めばいい訳ではありません。

今回は水分補給の正しい方法についてご説明させて頂きます。

人間は一日におそよ約2Lの水分を消費しております。
この2Lを一日で摂取しなければなりません。

2Lというと結構な量だと思いますが、それを気にせず摂取する方法があります。

それがウォーターローディングというものです。

ウォーターローディングはスポーツ選手がよく試合前に行う方法です。
目標としている試合の数日前から一日に水を1-1.5L摂取することで常に身体が水満たされている状態にします。

そうすることでパフォーマンスが下がりにくく、 熱中症にもなりにくい状態になります。

スポーツ選手が行っている内容ですが、内容自体は一般の方にも適しているものとなっております。

常に水を身体に満たしておけば、水分不足による熱中症を予防できます。

ウォーターローディングの方法についてですが、

下記の方法だと日常生活の一部としてとらえることができ、最初の習慣化するまでは大変ですが、
習慣化すれば苦ではないものとなります。
ぜひ、参考に行ってみて下さい。

次回は水分不足は何がいけないのか?についてご紹介させて頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。

・ウォータードーディングについて

日常生活のある動作の前や後に水分補給をするという行為を習慣化します。
私が推奨しているのは下記のタイミングです。

①起床後
②朝食後
③昼食後
④夕食後
⑤就寝前
⑥トイレ後

上記のタイミングで約200-300ml(コップ一杯分)を摂取することで合計1200ml-1800mlを摂取可能です。
上記のタイミング以外でお好きなタイミングで水を摂取することで、
2Lの摂取がしやすくなると思います。