blog

水の効果とは

いつもお世話になっております。

スタッフの近田です。

前回のブログではウォーターローディングという、身体に一定量の水を保つ方法についてご紹介させて頂きました。
※ウォーターローディングについて
(http://gymxv.com/blog/%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/)

今回はその「水」をなぜ保つことがいいのかご紹介させて頂きます。

水「体液」は主に4つの役割があります。

・栄養素や酸素を各組織へ運ぶ
水があることにより、栄養素や酸素を運び出す血液系は成り立っております。
水が不足することで、血液もドロドロとなり、隅々の細胞に行きにくくなります。
またドロドロになるということは、心臓にも負荷がかかるため、
心臓系の疾患や、アスリートであれば持久力にも関わってくることです。

・老廃物を運ぶ
上記の栄養素、酸素と内容は一緒ですが、水が不足することで、老廃物も身体に溜まり、どんどん疲労していきます。
水分を一定に保つことで、老廃物も身体から抜けやすくなります。

・体温の調節
これは皆さん知っているとは思いますが、水により体温の調節は成り立っています。
水がなくなることで熱中症や脱水症状になってしまいます。
今の時期でも暑いので、しっかりとした水分補給を心がけましょう。

・恒常性「ホメオスタシス」の維持
これは聞きなれない言葉ですが、体温調節機能のように、周囲の環境が変わっても、
内部の環境を一定に保つ仕組みをホメオスタシス(恒常性)と呼びます。
水はそれに関わっており、このホメオスタシスが乱れると様々な症状が現れてしまいます。

水により各細胞に栄養が行きやすくなるため肌もメリハリがつき、綺麗に見えます。
水をしっかり摂取するだけでも、身体にとって良い効果が多くあるので、
ぜひウォーターローディングを実施してみて下さい。

今後とも宜しくお願い致します。