blog

内転筋を鍛える「FCB」とは

こんにちは、スタッフの近田です。

前回内もも(内転筋)の重要性についてご紹介させて頂きましたが、

今回はその内転筋を鍛える方法についてご紹介させて頂きます。

ジムで使用している内転筋を鍛えることに特化したツールがあります。

それが「Functional Condition Box(略称FCB)」です。

画像のように台形をしており、この大きさで5.5kgあります。

IMG_0637

台形になっている為にしっかり内ももで挟めること、また内旋させやすい構造の為、より筋肉を使います。

また素材も滑りにくいものとなっており、クッション性も強い為怪我もしにくくなっております。

 

このツールを使用してのトレーニングは内転筋と体幹筋群を刺激できる為、身体の軸が安定します。

軸が安定すれば歩行動作やゴルフのスイングなども安定してきます。

また骨盤底筋を鍛えることが可能で、尿漏れなどの女性特有の症状の改善にも期待されます。

形は非常にシンプルですがその使い方は非常に多くあり、トレーニングだけでなくストレッチにも生かせるツールとなっております。

ゴルフのスコアを伸ばしたい方や脚特有の症状を改善されたいというお客様はお気軽にご連絡下さい。

今後とも宜しくお願い致します。