blog

人の柔軟性とストレッチについて

いつもお世話になっております。

スタッフの近田です。

皆さん、身体が硬くて苦労された方も多いと思います。

その際にストレッチを行ったことがある方も多いと思いますが、

実際ストレッチが身体にどのような効果があるかを知って行っている方は少ないのではないかと思います。

ストレッチが身体に及ぼす効果についてご説明したいのですが、

今回はその前に身体の柔軟性についてご説明をさせて頂きます。

ストレッチの身体に及ぼす効果は次のブログ更新でご紹介させて頂きます。

柔軟性と聞くと身体の前屈や背屈などを思い浮かべるかもしませんが、

実は柔軟性には2つの種類があります。

1つは皆さんがよくご存知の筋の伸び縮みのしやすさについてです。
これは身体を前屈させた際に筋の伸び(柔らかさ)を評価すると思いますが、これにあたります。

そしてもう1つは筋自体の柔軟性についてです。
これは筋を押したときの硬さに繋がります。

筋の伸び縮みがしやすい方でも、筋自体を押したときに固いことはよくあることです。

本当の意味で、身体の柔軟性を確保するのであれば、セルフストレッチと治療を行うことで、より短期に柔軟性を確保できると思います。

ストレッチだけ、マッサージだけ行うのでなく、2つを両立することで柔軟性が向上され、パフォーマンスも改善されます。

上記のことを意識して行ってみて下さい。

次回はストレッチの効果についてご紹介させて頂きます

ご確認宜しくお願い致します。